【日産・エクストレイル】後部座席や荷室で車中泊は可能か?容量は?

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む最大5000社が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

走行性能や先進技術、ラケッジスペースの広さをアピールしている、

タフで心強いオンロード・オフロード両用、日産T32エクストレイル。

アウトドアのパートナーとしてのタフな一面を持つエクストレイルで車中泊は可能なのか!?

後部座席の広さ、荷室容量はどのくらいあるのか!?

調査してみましたので、ご紹介させていただきます。





日産エクストレイルの後部座席の広さは?

3代続く人気SUV日産エクストレイルは、機能、装備の進化も十分に感じられますが、

それと同時に3代目にして最大の室内スペースとなっております!!

実際の後部座席の広さはどのくらいなのか?

乗り心地はどうなのか?

この項目で、ご紹介します。

日産エクストレイルの後部座席の広さは?引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/function.html

日産エクストレイルの後部座席の広さは?引用:https://xn--nissan–er4f9a0euf0h5rma.com/archives/254

T32エクストレイルは、歴代最大の大きさへパワーアップし、それに伴いホイールベースも長くなりました。

そのロングホイールベースを生かし、セカンドシートへゆったり感を増した仕様へパワーアップしております。

後部座席の広さは、フロントシートの背もたれと、セカンドシートに座った時の膝からフロントシート背もたれまでの距離は660mmと、

かなり余裕をもったスペースとなっております。

しかも、セカンドシートリクライニング、スライド機能も搭載(ハイブリッドを除く)しており、

日産エクストレイルの後部座席の居住性の配慮は十分であると言えます。

ちなみにライバルSUV「トヨタハリアー」には、後部座席のスライド機能は装備されておりません。

日産エクストレイルの後部座席の広さは?引用:https://www.nissan.co.id/vehicles/new/x-trail/interior.html

また、高さが絶妙なしっかりした大型のアームレストや、防水加工のシート生地は、

ただの防水加工という機能だけではなく、硬すぎず柔らかすぎない適度な硬さと、

吸い付くようなすわり心地の良さがあります。

居住性の高い日産エクストレイルの後部座席は、快適な乗り心地と、

視界に入る落ち着いたインテリアなど、

トータル的に圧迫感の無い、広く快適な空間となっております。





日産エクストレイルの荷室容量はどのくらいなの?

「なんでもこい!!」と言わんばかりの、懐の深いタフな相棒!!

エクストレイルの特徴の一つである、大容量ラケッジスペース!!

どれくらいの荷物を許容できる懐がT32エクストレイルにあるのか?

ラケッジスペースのアレンジはどのような感じなのか?

調査しました!!ご紹介します!!

日産エクストレイルの荷室容量はどのくらいなの?引用:http://history.nissan.co.jp/X-TRAIL/T32/1312/exterior.html

大型ラケッジスペース、防水加工シート、荷物を積むためにつくられたのか?と思ってしまう程、

機能性に優れたT32エクストレイル。

まず、実際のラケッジスペースのサイズをご紹介します。

 

高さ:845mm

ラケッジルーム長(最大セカンドシートフラット):1745mm

ラケッジルーム幅(最大):1305mm

ラケッジボード耐荷重:75kg

 

と何でも放り込んで積めるほどの大きさ!しかも防水加工で細かいことを気にせずタフに使いこなすことができるのが、

3代続くエクストレイルの真骨頂です!!オマケにラケッジアンダースペースも完備!!ラケッジスペースアレンジ可能!!

両手に荷物を持っていてもリアバンパーの下に足を入れることで自動オープン機能(リモコンオートバックドア グレード別設定)も搭載!!

たくさん遊んで、嫌になる最後の片づけも、より機能的に合理的に積み込むことができる!!

日産エクストレイルの荷室容量はどのくらいなの?引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/function.html

現行T32エクストレイルの大容量ラケッジスペースシートアレンジ例

たくさん荷物が放り込める程の大容量持ち、しかもシートやラケッジ素材は防水加工を施し、想定外という言葉がないぐらいに、

アウトドアを極めている現行日産T32エクストレイル。

大容量ラケッジスペースのシートアレンジ例をご紹介します。

フルフラットモード:T32エクストレイル最大ラケッジ形態で長いものでも間口幅の広さもあるので、出し入れがしやすい。

日産エクストレイルの荷室容量はどのくらいなの?引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/function.html

2段収納モード:床面に段差をつけ、汚れた荷物とそうでない荷物の積みわけが可能となるモード。

日産エクストレイルの荷室容量はどのくらいなの?引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/function.html

バーチカルモード:ラケッジボードの位置を変更するだけで簡単にモード移行できる。走行中に荷物が転がったりしないような積み方ができる。

日産エクストレイルの荷室容量はどのくらいなの?引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/function.html

この様に、大まかには3つのアレンジモードがありますが、その他片側の後部座席を倒し、3人乗り+長いもの(スノボ)などを積み込んだり、

4人乗り仕様で、後部座席のアームレストを倒し、長いものを積み込むトランクスルーのような使用も可能で、

エクストレイルユーザーの環境や用途に応じた、オリジナルのラケッジスペースアレンジが可能なのも、

日産エクストレイルの優れたポイントであると思います。





日産エクストレイルでの車中泊は可能か?

アウトドアのパートナー、日産エクストレイルで景色の綺麗な山や川へ荷物も持たず、

”思いつき”を楽しめる「真の相棒」なのか?

エクストレイルキャンプ(車中泊)ご紹介します。

日産エクストレイルでの車中泊は可能か?引用:http://www.hakken-uenohara.jp/entry.html?id=106715

「ちょっとでかける?」っていう軽いノリで、山間部に夜空を見に行こう!!

荷物も持たず、すべて「相棒エクストレイル頼みで!」

「夜空を見ながら横になれたら気持ちいいだろうなぁ」

っていう日常を手に入れたい!!癒しが欲しい!!

T32日産エクストレイルは、そんな願いを叶えてくれるのでしょうか?

創造するサンルーフ越しに見える夜空。デキるのか?エクストレイル!

っということで、テイストを変えて(フィクションです)、ご紹介します。

 

いきなりの思いつきで山間部の野原へ。

エクストレイルから降りて、目に入った夜空が綺麗で、相棒エクストレイルのセカンドシートを倒し、簡単にフルフラットモードに。

日産エクストレイルでの車中泊は可能か?引用:https://hinata.me/article/735746878687268807

身長170センチ程であれば十分足をのばして横になれる広さで、更にフロントシートを一番前にスライドさせれば、

180センチほどの人でも問題なく横になれる広さです。

少しセカンドシートからリアに向かって傾斜があり、また、シート間の段差はあるものの、床に毛布やマットレスがあれば、

2人で横になれる広さもあり、オプションのガラスルーフ越しに星を見ながらの車中泊は可能な「真の相棒」で、

オフの遊びをしっかり演出してくれます。

日産エクストレイルでの車中泊は可能か?

次思いつきで車中泊をするときまでに、ラケッジアンダースペースに毛布やクッションマットを常備しておけば、

もっと快適な、いつでも思いつき即席アウトドアが可能です。

そして、ロングホイールベースの恩恵。セカンドシートもスライド、リクライニング機能付き(グレードによる)で、

包み込むようなホール度感のあるシート、セカンドシート車中泊も十分可能で、

やっぱり日産エクストレイルは、どこにいても様になり、中身の伴った「真の相棒」「デキル奴」だと思います。

日産T32エクストレイルラケッジ、収納、室内空間、車中泊まとめ

日産T32エクストレイルラケッジ、収納、室内空間、車中泊まとめ引用:https://www.nissan.com.ar/vehiculos/nuevos/x-trail.html

日産T32エクストレイルの、ラケッジスペース収納能力や、セカンドシートの快適さ、日々の相棒として採用できる

「デキル奴」かどうかをイメージしてもらえるように、一部少しテイストを変えてご紹介させていただきました。

収納スペースに申し分ない広さ、そして「タフ」に使用しても、メゲないラケッジの素材や、思いっきり遊んでも

片付けまでサポートしてくれる、足をリアバンパー下に入れるだけでバックドア自動オープンできる合理性のある機能。

思いつきで、非日常を求めれる、エクストレイルキャンプ(車中泊)可能な室内容量。

日産T32エクストレイルラケッジ、収納、室内空間、車中泊まとめ引用:https://www3.nissan.co.jp

疲れて帰る道中を見張ってくれる、先進技術「プロパイロット」

子供のころ、学校の先生に言われた、「家に帰るまでが遠足ですよ~」って言われたことを思い出して、

遊び疲れて、家に帰るのがやっとだったころを思い出しました。

大人になって、癒しを思いつきで求めても、何も考えずめいいっぱい遊んで疲れても、トータルでサポートしてくれる、

「真の相棒」と呼べるのは、日産T32エクストレイルだからだと思います。

こいつは「デキル奴」です!!

今回は日産エクストレイルの後部座席、ラケッジスペースについてご紹介させていただきました。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

 

アイキャッチ画像引用URL:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

【日産・エクストレイル】を60万円も安く買う方法とは何か!?

日産エクストレイル(X-TRAIL)かっこいいですよね!?

ガソリン車に加え
燃費のいいハイブリッド車や、
2WD・4WDだったり、
カラーリングも豊富で
いろいろ選べます!!

またエクストレイルには特別仕様車として
エクストリーマーXや
NISMO、AUTECHなど
一味違ったものを選べるのも
魅力の一つではないでしょうか!?

アウトドアスポーツ向けに
作られた車なだけに、
アグレッシブなあなたに
より楽しみを与えられる事間違いなし!

でも・・・
みなさんこういった
コメントが数多くあります。

「エクストレイル欲しいけど高いんだよな…」
「もうそろそろ今使っている車とも長いし、
エクストレイルに乗り換えたいな…」
「ディーラーと値引き交渉疲れてきたな…」
「新車のエクストレイルを最安価格で買いたいな…」
「ディーラーからの売込みイヤだなぁ…」
「ローンが長くなるのも避けたいな…」

などなど、エクストレイルの購入を検討しているけど、
色々な悩みがあって購入に踏み切れない。
なんて事ありませんか?

このような悩みを持っている人は
とても多くいらっしゃるんです。

家族や友人に相談したところで、
よくわからないので
真剣には取り合ってもらえず

また聞いてもらったところで
その悩みが解決することはありません。

そんなあなた!
実はこんな裏ワザがあったんです!

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む最大5000社が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

結果的に買取価格が
高くなるということですね。

しかもこの一括査定は
買取業者のオークション形式のため
一般的な一括査定とは違い、
多くの買取業者から電話が来ることはありません!

ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!




スポンサードリンク


 

日産エクストレイルのおすすめ記事

【日産・エクストレイル】値引きで買いたい!相場や限度額はどう?

【日産・エクストレイル】カラーや色見本を紹介!人気カラーはこれ!

【日産・エクストレイル】納期や納車状況はどう?納車待ちはある?

【日産・エクストレイル】後部座席や荷室で車中泊は可能か?容量は?

日産エクストレイルの関連記事は以下です!

【日産・エクストレイル】オイル交換時期とオイル量は?粘度は?

【日産・エクストレイル】オプションやパーツ、ナビは何が選べる?

【日産・エクストレイル】アクセサリーおすすめ!電源やソケットは?

【日産・エクストレイル】改造やカスタムしたい!エアロパーツは?

【日産・エクストレイル】後部座席や荷室で車中泊は可能か?容量は?

【日産・エクストレイル】タイヤサイズは?サイズアップや交換は?

ピックアップ記事

  1. 2000年の登場より、人気のSUV車日産・エクストレイル。2018年ミドルクラスSUVで販売…
  2. 日産・エクストレイルは2000年発売後人気のSUV車です。2018年にはミドルサイズのSUV…
  3. 2000年に発売された日産のSUV車、日産・エクストレイル。現在、国内・国外問わず人気となっ…
  4. 現行モデルにおいて、街乗りとしての高い機能性を付加しつつも、相変わらず誕生から保持し続けるアウトドア…
  5. アウトドアシーンで高い実力を発揮する日産エクストレイル。普段の生活で冬場にスタッドレスタイヤ…



スポンサードリンク

PAGE TOP