エクストレイル7人乗りレビュー!狭いの?値段は?口コミも紹介!

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む最大5000社が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

日産・エクストレイルは2000年発売後人気のSUV車です。

2018年にはミドルサイズのSUV車としては売上ナンバーワンとなりました。

そんな日産・エクストレイルには2列シートと3列シートがあります。

日産・エクストレイルの3列シート7人乗りの乗り心地はどうなのでしょう。

価格・口コミを含めて紹介します。





エクストレイル7人乗りは狭いのか!?

エクストレイルの7人乗りの大きさはどうなっているのでしょう。

紹介します。

エクストレイル7人乗りは狭いのか!?

https://motor-fan.jp

現在、国内のSUV車の7人乗りはエクストレイルの他に以下の車があげられます。

・トヨタ・ランドクルーザープラド

・ホンダ・CR-V

・マツダ・CX-8

・三菱・アウトランダー

・三菱・パジェロ

スバル・クロスオーバー7は2018年3月で販売終了、三菱・アウトランダーは、7人乗りのみその他は5人・7人乗りを選べます。

このことも含め、大きさの紹介を行います。

エクストレイル7人乗りは狭いのか!?

https://autoc-one.jp

エクストレイルの大きさ

エクストレイルは、2列シートと3列シートの外寸は変わりません。

どちらも全長×全幅×全高㎜:4,690×1,820×1,740㎜となっています。

室内の大きさは、室内長さ×室内幅×室内高さ㎜:2,555×1,535×1,270㎜となっており、3列シートは室内の長さが約500㎜長いです。

他のSUV車の室内の広さはどうなっているのでしょう。

エクストレイル7人乗りは狭いのか!?

https://autoc-one.jp

ライバル車との室内の大きさの比較(2019年調べ)

SUV車の室内の広さのランキングを紹介します。

室内長さ×室内幅×室内高さ㎜

1位:トヨタ・ランドクルーザー:2690×1640×1200㎜:室内容量5.29㎥

2位:マツダ・CX-8:2690×1540×1250㎜:室内容量5.18㎥

3位:日産・エクストレイル:2,555×1,535×1,270㎜:室内容量4.98㎥

4位:トヨタ・ランドクルーザープラド:2520×1565×1240㎜:室内容量4.89㎥

5位:三菱・アウトランダー:2580×1495×1265㎜:室内容量4.88㎥

なんとエクストレイルはSUV車の中でも室内の広さが3位となっています。

トヨタ・ランドクルーザーは、8人乗りのSUV車になっていて、2列目・3列目共、3人乗れる仕様になっています。

エクストレイルは、5人乗りの広さでは上位5位以内に入りませんが、7人乗りではマツダ・CX-8に続き2位の広さを誇ります。

エクストレイル7人乗りは狭いのか!?

https://kurashi-no.jp

3列目のシートの広さ

3列目のシートの広さを紹介します。

3列シートで重要なのは3列目の広さです。

1列目・2列目はそれほど大きさはの違いはありません。

エクストレイルの3列目の実測値は、

・座面の高さ:395㎜

・座面の幅(1人分):510㎜

・背もたれの高さ:470㎜

・床から座面までの高さ:200㎜

となっています。

床と座面がとても狭く、高さも低いです。

座面までの高さが低いと背の高い人はもっと乗りにくい仕様となっています。

また、この狭さは乗り降りにしにくさにも影響します。

SUV車はミニバンと違ってスライドドアがありません。

3列目に乗る際は、2列目の背もたれを前方に倒し、前方にスライドさせて乗らなければいけません。

以前の2ドアの軽自動車の乗り方です。

SUV車は乗るステップが高いのでとても乗りにくいです。

しかし、座り心地に関しては、他の7人乗りのSUV車よりもよいとされています。

他のライバル車と比較してみましょう。

エクストレイル7人乗りは狭いのか!?

https://www.webcartop.jp

三菱・アウトランダーの3列目の広さ

三菱・アウトランダーの3列目の実測値は、

・座面の高さ:400㎜

・座面の幅(1人分):465㎜

・背もたれの高さ:520㎜

・床から座面までの高さ:220㎜

となっています。

全体的にみてもエクストレイルより広いです。

しかし、シートの硬さが三菱・アウトランダーより硬いものとなっています。

 

このように、エクストレイルの7人乗りの大きさはSUV車の中では広いものになっていますが、3列目の広さは他のSUV車に比べると狭く乗りにくいものになっています。

エクストレイルは7人で長時間乗るには途中途中の休憩が必要です。

また、5人仕様と外寸が変わらず室内の長さを増やしているので、5人仕様と比べると収納も狭くなっています。

やはり、7人乗りはミニバンの方が広さも広く乗りやすいものとなっています。





エクストレイル7人乗りの価格は?

エクストレイル7人乗りの価格はいくらなのでしょう。

紹介します。

エクストレイル7人乗りの価格は?

https://newsphere.jp

エクストレイル価格

・2WD:2,724,840円から3,171,960円

・4WD:2,931,120円から3,378,240円

となっています。

エクストレイルは、

【2WD】

・ 20X

・ モード・プレミア

・ モード・プレミア ハイコントラストインテリア

【4WD】

・ 20X

・ 20X エクストリーマーX

・ モード・プレミア

・ モード・プレミア ハイコントラストインテリア

の7種類しかグレードはありません。

5人乗りと比べると、最低ランクの車はありません。

5人乗りに比べると7人乗りの方が高い車となっています。

グレードの装備が5人乗りに比べて少なく、選ぶことができないことが残念です。

また、エクストレイルにはハイブリッド車がありますが、7人乗り仕様にはハイブリッド車はありません。

他のSUV車の7人乗りの価格はどうなっているのでしょう紹介します。

エクストレイル7人乗りの価格は?

https://cobby.jp

SUV7人乗り価格比較

・トヨタ・ランドクルーザープラド:3,419,000円から4,966,000円

・ホンダ・CR-V:3,421,440円から4,030,560円

・マツダ・CX-8:2,894,400円から4,460,400円

・三菱・アウトランダー:2,668,680円から3,356,100円

・三菱・パジェロ:3,391,000円から4,951,800円

となっています。

7人乗りのSUVの外車には、ほとんどの車が最低価格が500万円を超すものととても高価なSUV車となっています。

日本は7人乗りのSUV車は少ないですが、外車の方が人気で種類も多いです。

しかし、日本車の質がよいと人気で国産のSUV車は海外でも人気となっています。

本来エクストレイルは、アウトドア仕様ではなく都会でも使えるSUV車として人気の高い車です。

現行のモデルの外観はアウトドア仕様の外観になっていますが、旧モデルは高級車のような表情でどちらも人気となっています。

価格が200万円台からあるのは、三菱・アウトランダー、マツダ・CX-8と並んで3台目となりますが、エクストレイルは7人乗りのSUV車としてはとても安い価格の車です。

エクストレイル7人乗りの価格は?

https://clicccar.com

エクストレイルは安い価格なので、装備があまりついていないことが懸念されますが、エクストレイルでは自動ブレーキが全車標準装備、3列目にはリクライニング仕様となっています。(ただし、アラウンドビューモニターはオプション設定)

現在は、安全装備に力を入れている車が多いですので自動ブレーキの標準装備は安心の機能です。





エクストレイル7人乗りの良い口コミは?

エクストレイル7人乗りの良い口コミはどのようなものがあるのでしょう。

紹介します。

エクストレイル7人乗りの良い口コミは?

https://www.webcg.net

・7人乗りのリセール率が高い

・3列目のリクライニングが快適

・7人乗りのSUV車でこの価格は安い

・シートアレンジができる

・リアタッチの機能が便利

1番にあげられるのは、エクストレイルのリセール率が5人乗りに比べて高いことです。

2WDと比べると4WDの方がさらにリセール率が高いとされています。

長く乗るつもりがないことを考えると、車の購入にはリセール率が重要視されますが、リセール率を見た上でもエクストレイルの7人乗りは得な車であるといえます。

また、リセール率と一緒にあげられるのは、価格の安さです。

エクストレイルの価格は先ほどあげたように安いグレードでは300万を切る価格となっています。

この価格は、販売台数が伸びている理由にも繋がっていますし、SUVの7人乗りを検討する上では手軽な価格で乗れる車であるといえます。

エクストレイル7人乗りの良い口コミは?

https://carislife.hatenablog.com

次に良い口コミは3列目のシートを収納できることです。

7人乗りの3列シートを5人、もしくは3列目を片方だけ使用したい時のために、3列目のシートをコンパクトに収納することができます。

SUV車ならではの荷室の広さを7人乗りでも再現することができます。

6人乗りとしても使用することができますので、シートバリエーションを選ぶことが可能です。

 

他にも3列シートでは3列目の僅かながらリクライニングをすることができます。

3列目のリクライニングができるのは、快適に過ごす上でも大切で、便利という口コミが多く聞かれました。

トランクを開けるのに両手が塞がっている際には、足で感知してドアをあけてくれるリアタッチ機能の使用が便利と言われている口コミが多くきかれています。

エクストレイル7人乗りの悪い口コミは?

一方のエクストレイルの7人乗りの悪い口コミはどのようなものでしょう。

紹介します。

エクストレイル7人乗りの悪い口コミは?

https://www.as-web.jp

・7人乗りはブレーキが干渉する為ホイール径のインチダウンが困難

・3列目のシートは収納しても積載スペースに少し不利

・3列目に乗る際乗りにくい

・3列目には長時間乗るには不可

・5人乗りに比べて2列目のシートが悪い

この点があげられます。

まず、1番にあげられるのが3列目の狭さ・乗り心地です。

3列目が狭く乗り心地が悪いという口コミが多く聞かれました。

3列目のシート素材は悪くないのですが、広さが狭いため乗り心地が悪いそうです。

あくまで7人乗りは緊急用として乗っている人が多く、長距離ではこまめな休憩が必要と言われています。

また、5人乗りと比較すると2列目のシートが硬いようです。

シートの硬さが気になる人にはとても気になるようですので一度座ってみるのが良いのかもしれません。

 

3列目に乗る際も乗りにくいという口コミが多いです。

7人乗りのSUV車の最大の決定である、SUVの走行を重視するため乗り口が高いです。

ミニバンにはあるスライドドアもありませんので、2列目を前に倒して3列目から乗らなければなりません。

ミニバンのようにスムーズに7人乗り込むことが出来ず、倒し方が分からないと7人乗ることができないといった口コミも聞かれました。

7人乗りに乗る際は、倒し方の練習をしておかなければいけません。

 

他にも7人乗りのエクストレイルはブレーキの関係でホイール径の長さが決められています。

ドレスアップを考えている人は7人乗りは同じホイール径のものしか装着できないですので、注意が必要です。

また、メリットであげたシートアレンジも7人仕様の車では5人乗りほどの積載量も確保できないようです。

エクストレイル7人乗りレビューまとめ

エクストレイル7人乗りレビューまとめ

https://221616.com

これまでに、エクストレイル7人乗りの乗り心地、価格を紹介していきました。

ハイブリッドは駆動用バッテリーを置くスペースがエクストレイルでは設定できないのだそうです。

7人乗りのSUVの特徴は、オフロードでも使用可能、アウトドアにも行ける車となっていることです。

しかし、3列目の狭さはSUV車どの車も課題となっていますので長時間7人乗りを行うには工夫が必要です。

価格・全体の広さではエクストレイルは十分な広さであると言えます。

エクストレイルは、「多くものを積みたい」、「7人乗ることがない」と考えている人は5人乗りに乗っている人が多いです。

しかし、多く人を乗せることが出来ること、リセールのことを考えると7人乗りでも申し分はありません。

エクストレイルは、5人乗り・7人乗りでも人気の車であると言えますが3列目の乗り心地を踏まえた上で乗るようにしましょう。

 

アイキャッチ画像引用:https://www.nissanbelize.com/vehicles/new/x-trail/design.html

ピックアップ記事

  1. 2000年に発売され、10年連続販売台数1位と、SUV市場で高い人気を誇るのが、日産エクストレイルで…
  2. 2000年に発売され、SUV市場で販売台数上位を維持しているのが、エクストレイルです。初代の…
  3. アウトドア志向のSUVの代表格といえば、日産エクストレイルです。2000年に初代モデルである…
  4. SUV市場で高い人気を誇るエクストレイルですが、2000年から発売され、現行モデルが3代目となります…
  5. 2000年に発売され、SUV市場で長い間、販売台数上位を維持しているのが、日産エクストレイルです。…



スポンサードリンク

PAGE TOP