エクストレイルのインパネを外したい!T30,T31,T32一挙公開!

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む最大5000社が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

日産のSUVシーンをリードするエクストレイル。

今回はそのエクストレイルのインパネ外しについてまとめてみます。

ナビを変えたい。エアコンの修理にチャレンジ。

型式別にまとめていますので、上記のような時に参考にしてみてください。





エクストレイルのインパネ外し方:T30

エクストレイルのインパネ外し方:T30

URL:https://www.factstore.top

まずは初代エクストレイルである、T30タイプからです。

初代のエクストレイルが発売されたのが、2000年11月から。

当時、エクストレイルは「汚れに強くアウトドアシーンで活躍する新しいSUV」として話題になりました。

そんなエクストレイルなので、インパネ全体の仕様として、非常に直線的なデザインであり、歴代エクストレイルの中では比較的インパネが外しやすいと思います。

そんなT30タイプの外し方は次の通りです。

エクストレイルのインパネ外し方:T30

URL:https://page.auctions.yahoo.co.jp

「道具を準備しよう」

インパネの取り外しにあたっては特殊な(というか特別な)工具をセットする必要があります。

もちろん、それ専用に絶対購入しなければならないというものではありませんが、薄いヘラが必要になりますので、あらかじめ準備しましょう。

ネット通販などでは、自動車のインパネ取り外し用の工具セットなんかも売っていますので、揃えておくのもよいかもしれません。

「オーディオ周りを外してみる」

インパネの脱着という観点から見て、一番ニーズがあるのがオーディオ周りの取り外しだと思います。

そこで、ここではオーディオ部分の脱着についてまとめてみます。

エクストレイルのインパネ外し方:T30

URL:http://noaidea.me

1_オーディオパネルを上から見て、継ぎ目にヘラを差し込む

2_一気に外さないように注意(配線類が繋がっています)し、少し浮かす(爪を折らないように)

3_浮かした状態にしたところで、中にあるカプラー(配線類の差し込みコネクターのようなものです)が見えるので、これを丁寧に外す

4_カプラーを外したら、ゆっくりと最後まで外して完了です

「ヒューズボックス内の電源取り外し」

インパネを触る際に比較的多い理由として、電源取り回しに関するきっかけだと思います。

車によってはなかなか触りづらいところに、触りづらくセッティングされていることがありますが、T30のタイプではかなり容易におこなえます。

1_運転席下の方にヒューズボックス用のカバーがあるので、そこを開ける

2_中にヒューズボックスが見えるので、必要なカプラー類を脱着する

他にもダッシュボードの取り外しなどもありますが、まずは代表的な3つについてご紹介しました。

ぜひとも参考にしてください。





エクストレイルのインパネ外し方:T31

エクストレイルのインパネ外し方:T31

URL:http://history.nissan.co.jp

次に二代目エクストレイルである、T31タイプのインパネ交換について見ていきましょう。

二代目エクストレイルは2007年8月より発売されました。

内装としてみると、初代が非常にアクティブで、言い換えると無骨とも言えるようなデザインだったのに対して、二代目では時代の流れに沿って、ずいぶんとモダンなフォルムに変わっています。

この流れに沿って、インパネ部分も継ぎ目の少ない、自然な外観を表現しています。

そのようなデザインのT31エクストレイルですが、やはり代表的なパーツの交換についてまとめてみます。

エクストレイルのインパネ外し方:T31

URL:https://ktc.jp

「道具を準備しよう」

T31においても準備する工具について大きな差があるわけではありません。

基本的には薄いヘラ類がいくつかあったほうが作業が容易にできると思います。

その中でT31で特に注意いただきたいのは、ヘラの素材は出来るだけプラスティック製であるように気をつけていただきたいという事です。

パネル素材として、傷が目立ちやすいと思いますのでぜひとも気をつけてください。

エクストレイルのインパネ外し方:T31

URL:https://www.carsensor.net

「オーディオ周りを外してみる」

T31の場合は全部で10箇所、ツメで止められています。

やはり、そんなツメ部分を折らないように気をつけてください。

1_オーディオパネルの下部のどちらかにヘラを差し込み、浮かす準備をし、もう反対側の下部に同じくヘラを差し込む。

2_下部分が浮いたのち、上部についてもゆっくりと同じ要領で浮かす(テコの原理で片方を浮かして、もう片方を浮かすわけです)

3_一気に外さないように注意(配線類が繋がっています)し、少し浮かす(爪を折らないように)

4_浮かした状態にしたところで、中にあるカプラー(配線類の差し込みコネクターのようなものです)が見えるので、これを丁寧に外す

5_カプラーを外したら、ゆっくりと最後まで外して完了です

基本的にはT30と同じ流れですが、パーツ類がより繊細になっていますので、傷をつけないように、マスキングなどをして作業しても良いと思います。

「ヒューズボックス内の電源取り外し」

これは共通として、ヒューズボックス用の扉があるので、そこからヒューズのカプラー取り外しができます。

同じく運転席の右下にヒューズボックスがあり、その中でオーディオ系の配線を取り外ししてください。





エクストレイルのインパネ外し方:T32

エクストレイルのインパネ外し方:T32

URL:https://www3.nissan.co.jp

最後に現行モデルである三代目エクストレイル(T32タイプ)についてまとめてみましょう。

現行モデルであるだけに、よりしっかりとレポートしてみます。

現行モデルは2013年12月に発売開始。

その特徴としては、よりオンロード特性も強化し、オフロードに強い車という特徴づけから、オン/オフ両面に対してきっちりと対応力を見せた「クロスオーバーSUV」として仕上げたというところです。

エクストレイルのインパネ外し方:T32

URL:https://www3.nissan.co.jp

それに伴い、インパネ回しのフェイスもぐっと一新されています。

かなりオン系を意識した内装フォルムですので、インパネもかなり曲線が使われています。

オーディオパネルまわりなどは比較的前モデルまでの流れを踏襲していますが、ダッシュボードなどは変な力の入れ方で破損しないよう、よりやさしくおこなっていただきたいと思います。

実際に整備士さんが作業するのを目の前で見てみると、非常に手慣れた様子で外していきます。

ただ、その特徴として、一気に外し切らないで徐々に手早く動かしていくという印象です。

一度に動かすのはどこまでという加減をしっかりと覚えている感じですね。

ある程度大胆にしないと外れませんし、一気にしすぎるとツメの破損に繋がります。

「道具を準備しよう」

道具の準備という面ではこれまでのタイプと大きな差はありません。

T31タイプでもお伝えしましたが、最近のインパネ類は結構傷が目立ちやすいので、傷をつけないようにプラスティック製のへらなどを準備することをおすすめします。

また、ツメの数も結構増えてきていますから、本数についても多めが良いでしょう。

また、後程説明しますがT32タイプではプラスドライバーも必要ですので、柄の短めなものを準備しましょう。

エクストレイルのインパネ外し方:T32

URL:https://www3.nissan.co.jp

「オーディオ周りを外してみる」

次にもっとも頻度の高いオーディオパネルの取り外しをしてみましょう。

T32ではこれまでのタイプとちがい、より、一体的なインパネ形成がなされている中で、オーディオパネル単体で外すことができません。

その過程を含めてご説明します。

1_まずは助手席側、エアコン吹き出し口あたり(ベンチレーターダクトというそうです)を外すところから始める

ドアを開けるとダッシュボードのサイドパネルがありますので、これを薄いヘラで外す

2_プラスドライバーでベンチレーターダクトが外せますので、じわじわと動かして外す

3_ダッシュボード上部の装飾パネルが簡単に取れるようになると思いますので、ここを外から中心に向けて外す

4_空調コントロールパネルを外す

5_オーディオパネル右にある、プッシュスタートボタンのところのパネルをはずす

これでオーディオ部分が取り外せるようになりますので、じわじわと動かして外す

外観に比例してかなり一体感のある仕様になっているので、連携して取り外していくことになります。

「ヒューズボックス内の電源取り外し」

T32タイプではヒューズボックスの取り外しについても大幅に変わっています。

場所が運転席下から助手席ダッシュボード内になっていますので、しっかりとご説明します。

1_助手席側ドアを開けるとダッシュボードのサイドパネルがありますので、これを薄いヘラで外す

2_ダッシュボードを開けると右外側にひっかかっている部分がありますので、そこを指で取り外す

3_ダッシュボードが手前に引っ張れるようになりますので、外してヒューズボックスが出てくる

やはり、車種の近代化にともなって、電装品が増えてますので、ヒューズボックスも大きくなっていますね。

エクストレイルインパネ外し方まとめ

エクストレイルインパネ外し方まとめ

URL:https://www3.nissan.co.jp

今回はエクストレイルのインパネについてまとめました。

インパネの本来の意味は計器類回りのパネルということになります。

ですが、一般的にはフロントパネル類全般を指すことが多いようです。

時代の変遷にそって、パネルの設置形状がどんどん複雑化しています。

一方で、部品強度がそんなに高いわけではないので、気を付けて理解の上で作業しましょう。

 

アイキャッチ画像引用URL:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

日産エクストレイルのおすすめ記事

【日産・エクストレイル】値引きで買いたい!相場や限度額はどう?

【日産・エクストレイル】カラーや色見本を紹介!人気カラーはこれ!

【日産・エクストレイル】納期や納車状況はどう?納車待ちはある?

【日産・エクストレイル】後部座席や荷室で車中泊は可能か?容量は?

【日産・エクストレイル】を60万円も安く買う方法とは何か!?

日産エクストレイル(X-TRAIL)かっこいいですよね!?

ガソリン車に加え
燃費のいいハイブリッド車や、
2WD・4WDだったり、
カラーリングも豊富で
いろいろ選べます!!

またエクストレイルには特別仕様車として
エクストリーマーXや
NISMO、AUTECHなど
一味違ったものを選べるのも
魅力の一つではないでしょうか!?

アウトドアスポーツ向けに
作られた車なだけに、
アグレッシブなあなたに
より楽しみを与えられる事間違いなし!

でも・・・
みなさんこういった
コメントが数多くあります。

「エクストレイル欲しいけど高いんだよな…」
「もうそろそろ今使っている車とも長いし、
エクストレイルに乗り換えたいな…」
「ディーラーと値引き交渉疲れてきたな…」
「新車のエクストレイルを最安価格で買いたいな…」
「ディーラーからの売込みイヤだなぁ…」
「ローンが長くなるのも避けたいな…」

などなど、エクストレイルの購入を検討しているけど、
色々な悩みがあって購入に踏み切れない。
なんて事ありませんか?

このような悩みを持っている人は
とても多くいらっしゃるんです。

家族や友人に相談したところで、
よくわからないので
真剣には取り合ってもらえず

また聞いてもらったところで
その悩みが解決することはありません。

そんなあなた!
実はこんな裏ワザがあったんです!

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む最大5000社が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

結果的に買取価格が
高くなるということですね。

しかもこの一括査定は
買取業者のオークション形式のため
一般的な一括査定とは違い、
多くの買取業者から電話が来ることはありません!

ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!




スポンサードリンク


 

日産エクストレイルの関連記事は以下です!

【日産・エクストレイル】オイル交換時期とオイル量は?粘度は?

【日産・エクストレイル】オプションやパーツ、ナビは何が選べる?

【日産・エクストレイル】アクセサリーおすすめ!電源やソケットは?

【日産・エクストレイル】改造やカスタムしたい!エアロパーツは?

【日産・エクストレイル】後部座席や荷室で車中泊は可能か?容量は?

【日産・エクストレイル】タイヤサイズは?サイズアップや交換は?

ピックアップ記事

  1. 2000年の登場より、人気のSUV車日産・エクストレイル。2018年ミドルクラスSUVで販売…
  2. 日産・エクストレイルは2000年発売後人気のSUV車です。2018年にはミドルサイズのSUV…
  3. 2000年に発売された日産のSUV車、日産・エクストレイル。現在、国内・国外問わず人気となっ…
  4. 現行モデルにおいて、街乗りとしての高い機能性を付加しつつも、相変わらず誕生から保持し続けるアウトドア…
  5. アウトドアシーンで高い実力を発揮する日産エクストレイル。普段の生活で冬場にスタッドレスタイヤ…



スポンサードリンク

PAGE TOP